ビットコイン(BTC)の価格は日本円でいくらになる?

2018年4月の段階ではビットコインの価格は75万円前後で推移しています。
過去には220万円まで高騰したことがありますので、そのときから比較すると時価総額も3分の1程度まで落ち込んでしまっています。
2018年の1月16日にはたった1日で30%下落するという記録的な暴落もありました。
これは終値での価格ですので、1日の動きな中で見ればさらに下落する局面もあったのです。

この下落の要因となったのが、中国や韓国による取引の禁止報道です。
それまでバブルのように膨れ上がっていたビットコインですが、一気に売りが殺到したことにより、売りが売りを呼ぶパニック相場となりました。
また、ビットコイン市場は外為市場と比較すると流動性も乏しく、少しまとまった注文が入るだけで価格が大きく上下します。
それを利用して機関投資家がまとめてビットコインを大量に売り、安く買い戻そうともしました。

ビットコインのような仮想通貨の相場は短期間に大きく変動することがありますので、取引をする前にチャートをしっかりと確認し、現在の価格が適正なのか検討する必要があります。
資金が流入しすぎていると流出するときも早いので気を付けましょう。

仮想通貨のチャートから確認する価格推移について

価格推移はローソク足チャートを確認すると正確なデータがわかります。
ローソク足では時間軸を決める足を選択する必要があります。
短期間であれば1分、5分、10分などがあり、1時間、4時間、日足、週足、月足のような長期のものもあります。
短期的な取引をするのであれば短い足でも十分ですが、ある程度の期間保有することを前提としているのであれば、日足や週足のように長めのものも見て将来を予測しなくてはなりません。

仮想通貨の売買では購入する資金の通貨がどれかによってチャートの見方も変わります。
円で売買するのであればBTC/JPYを確認しましょう。
米ドルであればBTC/USD、ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン)のように仮想通貨同士でのチャートを確認することもできます。

チャートは上下を描きながら価格を決定していますが、テクニカル分析をすることによってチャートの動きから将来の値動きを判断することもできます。
テクニカル分析では現在の価格が高いのか安いのか判断することができ、売買の判断材料になります。
しかし仮想通貨市場では少し話題になるニュースが入ってくるだけで予想外な価格変動をすることもあるので、テクニカル分析だけでなく情報収集も行わなくてはなりません。

ビットコインの購入方法!お得な買い方は?

ビットコインを簡単に購入する方法は、取引所のサービスを利用することです。

取引所の売買サービスを利用すれば1%かそれ以下の手数料でビットコインを購入することができますし、入手したコインを売却することも可能です。
投資目的で取引を行う場合には、売買手数料が安い取引所を選ぶようにした方がお得です。

投資ではなくて決済や国際送金が目的でビットコインを購入する場合に、取引所から自分専用のウォレットにコイン出金するする必要があります。
売買手数料が高めに設定されていても出金手数料が無料のケースもあるので、ビットコインを取引所から出金する場合には出金手数料も含めたトータルのコストで比較をするようにしましょう。

ビットコインは取引所ごとに相場に違いがあります。購入したコインを出金しないで値上がり後に売却する場合には業者ごとの相場の違いを気にする必要がありません。
これに対して購入したコインを出金して決済や外国に送金する場合には、現金との交換レートが低い取引所を利用して購入した方がお得です。

ビットコインの交換レートの違いリアルタイムに変化し続けており、特定の会社が常に他社よりも安いまたは高いなどという事はありません。

仮想通貨の価格一覧を調べる方法

ビットコインやいくつかの主要な仮想通貨の取引価格は、取引所ごとにバラツキが生じることがあります。

そのため、少しでもお得にビットコインを購入するためには、その時に最も交換レートが低くてお得な取引所を選ぶ必要があります。
取引所ごとの仮想通貨の取引価格の一覧を見て比較する方法として、インターネット上の比較サイトを活用することができます。

比較サイトでは1BTCあたりの価格(日本円または米ドル)が仮想通貨交換業者ごとにリアルタイムに表示されるので、現時点でどの会社の交換レートが一番お得なのかを一目で確認することができます。

ビットコイン以外の他の仮想通貨の価格についても比較サイトを活用して調べることが可能です。比較サイト以外にも、複数の種類の仮想通貨に対応したウォレットアプリの情報を参照する方法もあります。
ウォレットアプリもインターネットを経由して各通貨の交換レートのデータを読み込んで表示する機能が付いているので、大まかな価格を把握するのに役立ちます。

仮想通貨の価格は一般向けのテレビやラジオ、新聞などでは報道されることがありません。そのため仮想通貨の取引を行う場合にはインターネット上の情報を活用して、こまめに相場をチェックするようにしましょう。

8月1日ビットコイン分裂?仮想通貨市場の値動きが気になる!

8月1日にビットコインは分裂し、ビットコインとビットコインキャッシュの2つに分かれました。

ビットコインが分裂する可能性があるというニュースが入ってから、仮想通貨市場は大きく変動しました。
ビットコインの価値は7月の10日くらいまでは29万円前後を推移していましたが、その後暴落を起こしました。
7月17日の時点では21万円台を記録しています。

しかし、その後ビットコインの価値は回復し、21日には30万円台にまで戻りました。はっきりとした理由はわかりませんが、ビットコインが分裂して消えてしまうという不安よりも、ハードフォークをすることで需要が高まるという期待のほうが上回ったからではないでしょうか。

また、ビットコインの取引所では分裂後のビットコインキャッシュについて、ビットコインの保有者に配布するということが発表されています。
ビットコインキャッシュを入手したいためにビットコインを購入しようという人が増えたことも、21万円台まで暴落をした後で30万円台まで回復した理由となっているのでしょう。

分裂が起きた8月1日には32万円台まで価値が上昇しています。

ビットコインの分裂危機に備え日本の取引所で行われたことは?

ビットコインの分裂問題が起こった後は、取引所で一時的に出金が停止されるという発表が出されました。

取引所にもよりますが、8月1日~8月2日まではビットコインの入出金が停止されるという措置がとられました。7月31日に入出金が停止された取引所もありました。

分裂後に新たに生まれた仮想通貨であるビットコインキャッシュは、中国が売国となっているようです。

日本の取引所のほとんどではビットコインキャッシュについても扱うという結果になったので、ビットコインを保有していた人のうち、多くの人は損をするどころか、資産を大きく増やせたという結果になりました。
その後ビットコインは8月14日時点で46万円台まで上昇しています。

ビットコインキャッシュは大きく変動しており、一時的に12万円台を記録した後は3万円台まで価値が落ちました。
まだ登場したばかりですので、しばらくは安定しない状態が続くことが予想されます。

ビットコインの分裂問題については、インターネットのブログ記事などで多く扱われていたものの、信憑性に欠ける情報もたくさん出回っていました。やはり取引所の発表が信頼度が高い情報となるでしょう。

仮想通貨は公的な発行体や管理者がないので、こういった問題が起きると不安が大きくなり、暴落してしまうこともありますが、情報に踊らされないことが重要になるでしょう。